夏にかかりやすい感染症と感染経路

 7月〜9月に流行する感染症は、「手足口病」「ヘルパンギーナ」「アデノウィルス(プール熱)」が3大夏風邪と言われています。風邪や感染症にかかるのは冬ばかりと思いがちですが、実はインフルエンザが流行する1月〜3月と、真夏の7月〜9月の患者数は殆ど変わりません。夏も熱を出す人は多く、その年によって、手足口病・ヘルパンギーナ、プール熱など流行の波があります。
免疫が発達していない子供は特に夏風邪などの感染症にかかりやすく、特に保育園の0歳児クラスに通い始めた子供はまだ免疫があまりないため、最初の一年間は次から次へと感染症にかかるものです。学級閉鎖や夏休みが無い保育園では、流行が終息するタイミングがなくノンストップで長く続く傾向にあります。大人なら感染しても症状が出ない感染症でも、子供は熱を出したり、のどが腫れたりしやすく、特に3歳以下の子供はまだ頭が小さいのでそのぶん鼻や喉を通る気管が細いので、鼻水や痰がちょっとつまっただけでも息苦しくなります。そのため、眠れない、飲めない、食べられないといった辛い症状が出やすいのも特徴です。
夏風邪のウイルスは体内に3〜4週間潜伏し、便と一緒に排出されます。潜伏期間はずっとウイルスが排出され続けていますから、特に唾液や、手の接触、おむつ替えなどで人から人へ移りやすいと言われています。接触感染で移りますので、保育園や幼稚園に通っている場合は、集団感染を防ぐためにも病院へ行くことが大事です。また、夏風邪は子供がかかるものと思いがちですが、子供からその家族へと感染が広がることがあります。高温多湿の夏は夏風邪の原因となるウイルスや菌が増殖しやすく、かつ夏バテや疲れなどで体力が落ちているときは、高齢者を含めた大人も注意が必要です。



TOP